先生

新しい医療の形

在宅医療は住みなれた自宅で医療が受けられるため患者が家族と一緒にリラックスして過ごすことができます。高齢化による医療費の増加などから政府は在宅医療を推進しており、世田谷区でも協議会が設置されるなど各地で取り組みが行われています。

詳細を読む

ロボットによる放射線照射

サイバーナイフは、ガンマナイフよりもさらに患者への負担の少ない治療が可能なため、注目されています。ロボットの精巧な動きにより、病巣に正確に放射線を照射できる点が特徴です。様々ながんの治療に有効なので需要が高まっています。

詳細を読む

老後のことを考えよう

世田谷区で在宅医療を受ける場合、まずは通っているかかりつけ医などに相談してみることをお勧めします。信頼できる病院やクリニックを紹介してもらうことが大事です。世間の評判を参考にして選んでみるというのもお勧めです。

詳細を読む

ガン治療に有効な放射線

体に掛かる負担を、大幅に軽減した放射線治療は、多くの患者から満足の声が挙がっています。気になる方法はコチラから。

世田谷区で透析を受けている人はこちらへどうぞ。都合に合わせて、在宅訪問も可能ですよ。気になる利用法はここからご確認ください。

放射線で治療するメリット

今、二人に一人はガンにかかると言われています。人間ドッグなどの検査態勢が進んでいるので、早期発見ができるようになり、治癒する例が増えています。ガンに対する治療法としては外科手術がありますが、それと併行して行われてきたのが放射線治療です。従来の方法は外科手術をしたあとの再発防止のために放射線治療することが多かったのですが、最近ではメインの治療法として放射線治療を行う病院も増えています。放射線治療が人気なのは、外科手術などによる体力喪失や術後のリハビリなどが余り必要ないからです。欧米ではガン患者の60パーセントが放射線治療を受けています。日本では外科手術が基本と考えられていますが、今後はもっと放射線治療が行われていくはずです。

放射線を受ける時の注意点

放射線治療を受けるにあたって注意すべきことは、根気よく続けるということです。治療を行う場合は事前に治療計画を作りますので、その計画をきちんと守って治療することが大切です。仕事をしている人でも通院しながら治療できるので、休まずに治療を続けることは可能なのです。なぜ続けることが大事かというと、せっかく放射線で退治したガン細胞が休んだことによって回復してしまうからなのです。また放射線治療には小線源治療という方法があり、これは線源を体内に入れて治療するのです。この治療を受けている場合は、放射線の影響を周囲に与えないことが必要になります。妊婦や子供などとの接触はなるべく避けることです。ガンが見つかった時に外科手術をすすめられますが、放射線治療だけにしたい場合はセカンドオピニオンを利用してそのような病院を見つけるべきです。